sputniklab

>  志磨 遼平

ARTIST

志磨 遼平 ● しま・りょうへい

 

1982年、和歌山県出身。ミュージシャン・文筆家・俳優。

2006年「毛皮のマリーズ」としてデビュー。6枚のオリジナル・アルバムを残し2011年、日本武道館公演をもって解散。翌年「ドレスコーズ」結成。シングル「Trash」(映画『苦役列車』主題歌)でデビュー。

アルバム2枚、E.P.1枚を発表。現在はライブやレコーディングのたびにメンバーが入れ替わるという唯一無二の活動を続けている。その後3枚のアルバム、3枚のライブ映像作品を発表。

シングルに「トートロジー」(アニメ「トリコ」ED主題歌)、「人間ビデオ」(フル3DCG映画『GANTZ:O』主題歌)、「コミック・ジェネレイション」(映画『溺れるナイフ』主題歌)がある。

文筆活動のほか、近年は俳優としてWOWOW 連続ドラマW『グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-』、映画『溺れるナイフ』にも出演。

2018年、初の音楽監督作品『三文オペラ』(ブレヒト原作・KAAT)上演。5/9、おもに志磨が歌唱の全21曲収録「ドレスコーズの《三文オペラ》」発売。10/17、 “dresscodes plays the dresscodes” 新木場 studio COAST公演のBlu-ray&DVD「どろぼう 〜dresscodes plays the dresscodes〜」発売。

 

毛皮のマリーズ

ドレスコーズ

 

 

---バンド以外の実績

 

2009年

・テレビ情報誌「TV Bros.」コラム 「デッド・イン・ザ・ブックス」連載(〜2017年)

 

2010年

・NHK BS「どーもくん」 テーマ曲・歌唱担当

・雑誌「Myspace From JP」コラム 「駄文・ユー・ベイビー」連載

・雑誌「ROCKIN’ON JAPAN」コラム 「屑・フロム・ヘル」連載(~2013年)

・ラジオ J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」内コーナー 「SPEAK OUT!」担当(~2011年)

・ラジオ cross fm マンスリープログラム 「志磨遼平のHello Mary Lou」担当

 

2011年

・雑誌「Zipper」コラム 「ハンサムを撃たないで」連載

・ラジオ ZIP-FM「find out」内コーナー 「ハッピーハウス」担当

 

2012年

・スクーターズ「女は何度も勝負する」収録曲 「Loveless」作曲担当

・ホフディラン「2PLATOONS」収録曲 「怒りの弱者」作詞・ゲストボーカル担当

・SMAP「GIFT of SMAP」収録曲 「I Wanna Be Your Man 」作詞担当

・ラジオ cross fm マンスリープログラム 「真夜中のドレスコーズ」担当

・映画「苦役列車」主題歌・作詞・作曲担当(曲:Trash)

 

2013年

・ラジオ FM NACK5「ドレスコーズの埼玉アンデパンダン」担当

・アニメ「トリコ」主題歌・作詞・作曲担当(曲:トートロジー)

 

2014年

・単行本「少年ジャンク 志磨遼平コラム集2009-2014」発売

THE ROLLING STONESとのオフィシャルコラボTシャツ発売

 

2015年

・女王蜂 「売旬feat.志磨遼平」ゲストボーカル担当

・TeddyLoid 「はじらい Like A Girl feat. 志磨遼平」作詞・ゲストボーカル担当

・LEICA x RollingStone LEICA D-LUX RS別注 アーティストエディション発売

・「Here is ZINE tokyo 11」参加

 

2016年

・夢見るアドレセンス「おしえてシュレディンガー」作詞・作曲 担当

・WOWOW 連続ドラマW「グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」出演 (6/11〜)

・映画「溺れるナイフ」出演。主題歌・作詞・作曲担当(曲:コミック・ジェネレイション)

・映画 フル3DCGアニメーション「GANTZ:0」主題歌・作詞・作曲担当(曲:人間ビデオ)

 

2017年

・氣志團「スポットライト」作詞・作曲 担当

・奇妙礼太郎「恋愛重症」作詞・作曲 担当

 

2018年

・KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『三文オペラ』(神奈川芸術劇場・札幌市教育文化会館大ホール)音楽監督・演奏担当

・ギターパンダ 「a little song」作詞・作曲 担当

 

Copyright©2004-2018 sputniklab Inc.,JAPAN-All Right Reserved.