sputniklab

ARTIST

>  ゆゆん

ゆゆん

OFFICIAL HP

ゆゆん 1st Album

「カーテンコール」

  RCSP-0063/¥2.200(本体+税) <2015.12.16>

 

M-1:牛乳 

M-2:私の生活

M-3:ハーベスト

M-4:はるのつき

M-5:にげよう

M-6:隙間おばけのためのファンファーレ

M-7:おうち

M-8:さや

M-9:はんすう  Live Ver.

 *テレビ東京系「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」10月クールエンディングテーマ

M-10:やっほー

ゆりえ(ex.スカートの中 : G&Vo)、まりな(ex.日本マドンナ : G)等が結成した女子4人組、【ゆゆん】が初の全国流通音源となる1st Albumをリリース。群雄割拠のガールズバンドシーン&ギター女子シーンに強烈なインパクトを必ず与えるであろう大物の登場。些細な日常を歌った「明るい疲労感」を持った独特の歌詞の世界観と儚くも不思議でポップサウンドはかなりの中毒性を持っている。予定調和に留まらない、類い稀なる資質を持った強力新人ガールズバンドの登場である。

 

【ゆゆん】は2013年10月結成時から耳が早い音楽リスナーの中では話題になっていた。十代の頃から「COUNTDOWN JAPAN」などの音楽フェスや、テレビに出演したり、プロミュージシャンのバックバンドでプレーヤーとして活躍するなど、若手バンドの中でも「これから」というところで惜しくも解散してしまったバンド出身のメンバーが集まって結成されたからである。都内を中心に精力的にライヴ活動を展開し、既にライヴハウスシーンではかなりの盛り上がりを見せている。今作は正しく待望の初の全国流通音源のリリースであり、アルバムとしての完成度は非常に高い。バラエティに富んだ楽曲が見事に一つの世界観として統一されているトンでも無い作品をデビュー作で完成させている。リードトラックでもあるM-1「牛乳」の儚く、奇妙なサウンドと世界観の中毒性は凄まじい。歌詞は退屈な学校を思わせ、ぼんやりと漂う憂鬱を感じながら過ごす学生時代が描かれている。サビの「牛乳かぶって 君はもう真っ白だ」という不思議でインパクトのあるフレーズが耳に残る。M-2「私の生活」の都市生活者の怒りを見事に描いた歌詞と、ロックバンド然としたパワフルなサウンドのダイナミズムは鳥肌モノである。M-3「ハーベスト」の牧歌的でありながらシュールな世界観にもただひたすら圧倒される。M-8「さや」の女子ならではのドロっとした雰囲気とエネルギッシュさと切なさが融合したサウンドと歌詞も秀逸である。M-10「やっほー」はキャッチーなメロディのラブソングでありながらも、どこか一本筋ではいかない曲の展開と歌詞がボーカルゆりえの普遍的でないソングライティング力と才能を感じさせる。

新機軸のガールズバンドとして今後注目される事は間違いない期待のNEW COMERの登場である。

Copyright©2004-2017 sputniklab Inc.,JAPAN-All Right Reserved.