sputniklab

ARTIST

>  日本マドンナ

日本マドンナ

 

2nd mini Album「月経前症候群~PMS~」と3rd mini Album「バンドやめろ」の2枚の作品に加え、タワーレコード初回特典CD-R音源として配布され、現在は入手困難なボーナストラックも1曲収録され、未発表の写真も収録されたレアな作品となっている。

 

  日本マドンナ app トレイラー映像

「バンドやめろ」PV

「生理」PV

App Store (アプリ購入ページ)

日本マドンナ 3rd mini Album

「バンドやめろ」

  RCSP-0031/¥1.890(tax in) <2012.6.6>

 

1. バンドやめろ 

2. 愛ドル

3. メディアダンス

4. 死ねと言われて安心した

5. オデッセイ・1985・SEX

6. おまえを墓場にぶち込みたい

7. どうせ血と骨と肉のかたまり

8. これしかないのに

日本マドンナ、覚醒!前作より1年5ヶ月、3枚目のミニアルバムが遂にリリース!

リアル女子パンクロックBAND等と形容され、初期衝動の塊、インパクト500%の剥き出しの世界観とメッセージでリスナーのド肝を抜いてきた日本マドンナ、平均年齢20歳という若さ、そして若さ故の無軌道な破壊力が魅力でありますが、今作はそれに加え、社会の不条理を胸元からエグるような切れ味が増し、初期衝動に加えた凄味がこの若さで感じられる正に言葉本来の意味でのロックとしか形容できない傑作!

 

2010年7月に1st mini Album「卒業制作」をリリースして以来、「ROCK IN JAPAN」や「COUNTDOWN JAPAN」等の大型フェスへの出演、そしてスマッシュヒットを記録した昨年1月の2nd mini Album「月経前症候群ーPMSー」リリースを経て「今、最も話題性があり、最も期待感を持たれているガールズBAND」の地位を確立したと言える日本マドンナ。キュートなルックスからは想像もつかない剥き出しの反骨精神と、なおかつ痛快極まりないリアリティのある叫びはロックファンの心を確実に鷲掴みにして離さない。そして3枚目となる今作は従来の日本マドンナ節がさらに進化し、社会に対する攻撃の姿勢がより明確かつ的確になってきている。正しく覚醒した日本マドンナと言えるでしょう。タイトル曲「バンドやめろ」のエネルギッシュな高揚感は今後日本マドンナの代表曲となるであろう名曲、アイドルブームの昨今の本質をエグる「愛ドル」、メディアの欺瞞性に警笛を鳴らす「メディアダンス」、人間の根源に迫る「死ねと言われて安心した」、「遠藤ミチロウの激烈カバー曲「オデッセイ・1985・SEX」、「これしかないのに」といったように全8曲、荒々しいガレージサウンドを軸にしながらも聴き終えるとバラエティに富んだ印象を持つというロックの理想的なアルバムとなっています。日本マドンナの時代の到来を予感させる傑作!

日本マドンナ 2nd mini Album

「月経前症候群 ~PMS~」

  RCSP-0025/¥1.800(tax in) <2011.1.19>

 

1. ラップ~月経前症候群ヴァージョン~

2. 徴兵制度

3. アンチ大人

4. 畜生

5. 生理 

6. アンチポリス

7. 汚したい

8. 私は脳内殺人犯懲役死刑

各地で話題騒然!

全員10代のガールズBAND、日本マドンナの2nd miniAlbumの登場!

これぞ「リアル一般女子PUNK ROCK」!ブルーハーツのような普遍性すら感じられるリアリティのあるロック、それが日本マドンナです!

年末の大型フェス「COUNTDOWN JAPAN 10/11」に出演決定し、その勢いで2nd mini Albumをリリース!リアルPUNK ROCKという形容もされる、日常への怒りをギミック無しで剥き出しのまま叩きつける歌詞は、出口のない閉塞感が続くこの日本国で生きていく若者のリアリティがヒリヒリする程感じられます。これは天才的才能です。メンバー3人制服を着て行っていたライヴも痛快極まりない、といった形容がぴったりのパンチ力200%のステージを行います(現在制服は卒業)。初期衝動の痛快さと、女子ならではのキュートさ、そして何よりも生きる上での根源的なメッセージが確実にあります!こういうバンドは日本の音楽シーンには少なくともガールズバンドでは他に存在してこなかったのではないか、と思わせる希少価値のあるバンドです。今作から日本マドンナの本格的な活動が始まります。2011年の最大の注目新人バンドであることは間違い無し!

 

日本マドンナ

■2009年3月

当時高校三年生のあんな(Vo/B)、まりな(G/Cho)、高校一年生のさとこ(Ds)の3人で結成。同年冬に、コンテスト企画『RO69JACK 09/10』の推薦枠にて優勝アーティストに選出され、『rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 09/10』への出演を果たす。

■2010年7/7

JACKMAN RECORDSより1stミニアルバム「卒業制作」をリリース。ディスクユニオン月間チャートで1位を獲得するなど、注目を浴びる。

■2010年12/31

「rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 10/11」出演決定。

Copyright©2004-2017 sputniklab Inc.,JAPAN-All Right Reserved.