sputniklab

ARTIST

>  かまボイラー

かまボイラー

OFFICIAL HP

かまボイラー Last Album

「ブルーバード」

  RCSP-0007/¥2.625(tax in) <2008.07.02>

 

1. E

2. 蒼

3. ひま

4. 夜をこえて

5. 海へ 

6. インスト

7. 急ぐ理由もないオレは

8. 絵になる君

9. 夜明け前

10. ブルーバード <*「人間爆発」エンディングテーマ>

かまボイラー有終の美を飾るLASTアルバム!

全10曲、全て新曲かつ渾身の名曲揃い!

サンボマスターの盟友的存在として太く短く燃え上がった骨太ロックの最高峰、

かまボイラーよ永遠なれ!

 

かまボイラー

サンボマスター 山口隆氏プロデュースの1stミニアルバム「かまボイラーファースト」を2005年1月にリリースし、アフロヘアで豪快な骨太ロックを時代の流行を無視して世間にぶちまけた怖いもの知らずの男達、かまボイラー。度重なるサンボマスターとの共演や、フジロックフェスティバル、ミナミホィールへの出演など、話題を振りまきつつ、2006年10月に2ndミニアルバム「コバタスモーク」をリリース。漫画界の鬼才、花くまゆうさく画のイラストジャケット&サンボマスター山口隆氏によるライナーノーツ入りのこの作品は名曲「バイバイスルー」を筆頭に、土臭くも無骨な問答無用の魂のロックが200%詰まった黄金の名盤であり、タワーレコードの全店PUSH施策「タワレコメン」にも選ばれるなど各方面で大絶賛される。今後の活躍が間違いなく約束されていた状況であったが、惜しくも2007年8月をもって、かまボイラーは活動休止を宣言。各方面の関係者並びファンからの熱烈な復活ラブコールにも彼らは己の信念を貫き通し、ステージから去ることとなる。

しかしながら活動休止から約1年、かまボイラーはレコーディング作業に没頭していた。約6ヶ月にも及ぶ長期レコーディングを経て、事実上のラスト・アルバムにして初めてのフル・アルバムを全10曲、全て新曲で完成させた。ラスト・アルバムにして最高傑作が誕生した。ジャケットデザイン・写真は、mars art labolatory 代表である常盤響が担当。解散するのがあまりにも惜しまれる、このクオリティを是非ご堪能して頂きたい。

花くまゆうさく監督の映画「人間爆発」(主演:グレートマエカワ、第3回ガンダーラ映画祭出展作品)に本作の収録曲がテーマ曲として使用されております。

かまボイラー 1st mini Album

「コバタスモーク」

DDCZ-1361/¥1.680(tax in) <2011.12.21>

 

1. バイバイスルー 

2. ひとつの世界

3. ロックンロール

4. でも忘れてた

5. 俺にきくなよ

6. いってくれ

かまボイラー

OFFICIAL HP

サンボマスターのボーカリスト山口隆氏プロデュースのファーストミニアルバム「かまボイラーファースト」からはや一年半。フジロック・ルーキーステージ、ミナミホイールなどのフェスも経験した。サンボマスターをはじめ奥田民生、YO-KINGなどに絶賛されるなど話題騒然であった前作をふまえ、本作品はとことんロックにこだわり、アキマツネオ氏(マルコシアス・バンプ ボーカル/現アキマ&ネオス)が機材、サウンド面で全面プロデュース。壮大なスケールで展開される作品となりました。ジャケットのイラストは「東京ゾンビ」でお馴染みの花くまゆうさく氏が担当。

 

かまボイラー

1998年結成。幾度のメンバーチェンジを繰り返し2006年より現メンバーとなる。フォーク・カントリー・アメリカンロックを基調にしつつ、ダイナミックな展開をする曲調に加えボーカル清水の等身大&ワンアンドオンリーな歌詞の世界観が光る。エモくアツいライブは一見の価値あり。

Copyright©2004-2017 sputniklab Inc.,JAPAN-All Right Reserved.