sputniklab

ARTIST

>  ヘンリーヘンリーズ

ヘンリーヘンリーズ

OFFICIAL HP

ヘンリーヘンリーズ 3rd Album

「サウンド オン サウンド」

  RCSP-0060/¥2.200(本体+税) <2015.8.5>

 

M-1:東京

M-2:今夜はパーティー

M-3:ソファー 

M-4:オトナチック

M-5:333

M-6:七つの惑星とギター

M-7:日曜日

M-8:ロックンロール

M-9:月をつれて

M-10:恋のうた

M-11:Aの切符

ヘンリーヘンリーズ2年半振りの待望の3rd Albumが遂にリリース!2014年4月にニューヨーク州出身の新ベーシスト飯村“Hammy”広が加入し、スケールアップした新星ヘンリーヘンリーズは問答無用の王道ロックを聴かせてくれる存在に上り詰めた。17歳でリリースした1st Albumから4年経過したが、未だに弱冠21歳という若さが今後の可能性を考えると末恐ろしい限りの若者たちである。ヘンリーヘンリーズが2015年という混沌とした時代に叩きつける全11曲は正しく「今」の若者の価値観をリアルに表していると言えよう。彼らが提示するロックの価値観に全音楽リスナーは必ず注目しなければならないであろう。要注目すべき3rd Album。

 

スケールの大きい王道ポップロックナンバー「東京」から幕を開ける今作品はヘンリーヘンリーズのバラエティに富んだ音楽性が見事にアルバムとして集約された聴きごたえのある作品となっている。21歳とは思えない激シブのミドルテンポのロックチューンである「今夜はパーティー」、切なくもアンニュイなメロディが秀逸の「ソファー」、タイトル通り「大人になる」というテーマを独特の視点で歌う上げた「オトナチック」、新加入のベースが唸りを上げるノリの良いポップチューン「333」、ユーモラスかつウィットに富んだ歌詞が秀逸な「七つの惑星とギター」、重厚かつ切ないバラード「日曜日」、印象的なギターのイントロからグイグイ引き込まれる「ロックンロール」、ストイックかつクールなサウンドが新境地を開拓している「月をつれて」、疾走溢れる痛快な「恋のうた」、切々と歌い上げるミディアムバラード「Aの切符」と全11曲、どの曲も良く練られ、飽きることなく一気に聴けるという「これぞアルバムの真骨頂」とも言うべき力作である。そして注目すべきは、これまで背伸びしまくっていた歌詞が等身大へと変化したこと。激シブのナンバーを演奏しつつもやはり彼らは21歳、悩み多き思春期なのである。おおいに人生の岐路に立たされているのだ!

ヘンリーヘンリーズ、3枚目にして遂に覚醒した、そんな作品である。

ヘンリーヘンリーズ 2nd Album

「ポップンブルース」

  RCSP-0037/¥2.100(tax in) <2013.1.23>

 

M1:夜が明けたね

M2:時間をかけろ

M3:Crepe

M4:もったいない

M5:Summer Days

M6:あの場所へ

M7:チャンスのメロディー *NHK Eテレ「第1回ABUデジスタ・ティーンズ」テーマソング

M8:バランス

M9:風のように

M10:ポップンブルース  *日本テレビ系「音龍門」Baby Dragon's Gate

ヘンリーヘンリーズ

OFFICIAL HP

衝撃の1st Albumから約1年半、ヘンリーヘンリーズ待望の2nd Albumが登場!未だに現役高校生である彼らは若干18歳にしてトンデモない傑作を作り上げた。血管が切れるかの如くシャウトするパワフルなボーカルと、往年のロックサウンドを18歳にして血肉化したサウンド、そしてロックの王道をひた走るかの如きエヴァーグリーンな輝きを持つ黄金の楽曲群。1st Albumから物凄いスピードで進化したヘンリーヘンリーズの魅力が凝縮された全10曲!恐るべき18歳の快進撃が始まることは間違いない。

 

昨年6月、1st Album「ヘンリーズ革命、後の」でデビューを果たした4人組ロックバンド、ヘンリーヘンリーズ。当時高校2年生でありながら恐るべき完成度を誇る楽曲に各方面ド肝を抜かれた訳ですが、さすがに高校生ということもあり、バンド活動と学業のバランスをとるのに四苦八苦する状況に陥った。そんな中、コツコツと水面下でレコーディング活動を長きに渡り継続し、遂に完成させたのがこの2ndアルバム「ポップンブルース」。ライヴのハイライトとして常に演奏されてきた、ヘンリーヘンリーズの代表曲というべき楽曲「ポップンブルース」をアルバムタイトルにする辺りが彼らの本気度が伺えるであろう。60~70年代ロックをベースにした正しく「ド真ん中」のロックサウンドと、長きに渡り聴き継がれていくであろうメロディの豊かさが全10曲、痺れる程痛快に並々ならぬティーンエイジャーのほとばしるようなエネルギーと相まって驚くべき化学変化を生み出しているという正にロックの理想郷のような作品。2012年2月にON AIRされたNHK Eテレ「第1回ABU デジスタ・ティーンズ」でライヴ演奏された「チャンスのメロディー」も収録されている。この18歳の若き男達が2013年のロックシーンを大幅に塗り替えていくであろう、そんな予感をさせてくれるエポックメイキングな1枚。新たなる時代の始まりであります。

ヘンリーヘンリーズ 1st Album

「ヘンリーズ革命、後の」

  RCSP-0026/¥2.000(tax in) <2011.6.15>

 

1. 気楽にいこう *NHK教育テレビ「デジスタティーンズ」エンディングテーマ

2. バカと革命

3. 自信を持てよ   *日本テレビ「iCon」6月エンディングテーマ

4. ボブディランをぶっ飛ばせ!

5. 愛と平和の理想論 *NHK-FM ミュージックライン6・7月度オープニングテーマ

6. 人生爆発

7. ファンになってくれ

8. ズンズンター

ヘンリーヘンリーズ

OFFICIAL HP

現役高校2年生4人組、噂が噂を呼ぶ驚異的なロックBAND衝撃のデビュー!

その名はヘンリーヘンリーズ。

エネルギーの塊のようなボーカルはティーンエージャーならではの瑞々しさとパワフルさが同居する奇跡的な魅力を持ち、ロックの王道を走るかの如き堂々たる演奏は正に驚異的!シンプルかつ、ストレートなメッセージ性の歌詞は全く邪念が無く聴く者の胸を打つ!こんな王道ロック、誰もやろうとしてもできない。こんなど真ん中のロックを我々は待っていた!

この17歳の若者たちによって確実に時代は変わるであろう衝撃のNEW COMERの登場!

 

一昨年あたりから「中学生で凄いバンドがいる」という噂が早くもライヴハウス界隈では流れ始め、昨年あたりからライヴも各地で精力的に展開。まだ音源を全くリリースしていないにも関わらず、昨年夏には「MOGAMI ROCK FESTIVAL」「夏の魔物~AOMORI ROCK FESTIVAL」といったフェスにも早くも出演を果たす。誰もがヘンリーヘンリーズには驚きの声を上げる。まだあどけなさすら残す面構えにも関わらず、ステージに上がると考えられない程爆発力のある堂々たるステージは、とにかく驚異的であります。天才は早熟なり、そして物凄いスピードで天下をとる種別の生物でしょう。まさにヘンリーヘンリーズに当てはまる言葉であります。長年愛され続けたオーソドックスかつエバーグリーンな王道ロックサウンドに乗せて、ストレートなメッセージをデカイ声でシャウトする。そしてメロディも抜群に良い。シンプルかつストレート、これを2011年に説得力を持ってやれるバンドはヘンリーヘンリーズしかいないでしょう。昨今続く10代ロックバンドのクライマックスとなるべきバンドの登場です。M-1「気楽にいこう」M-2「バカと革命」の激烈シャウト、M-3「自信を持てよ」のソウルフルかつパワフルな歌声は正に空前絶後!

 

ヘンリーヘンリーズ

2009年結成。小学校から同級生の村瀬みなと(うた,G)、林大夢(G)、波多野純(B)に中学校で出会ったタムタム(D)が加わり結成。初ライブはその年の秋。全員1994年生まれ。

Copyright©2004-2017 sputniklab Inc.,JAPAN-All Right Reserved.