sputniklab

ARTIST

>  odd

odd 1st mini Album

「biotop(ビオトープ)」

  RCSP-0035/¥1.890(tax in) <2012.11.7>

 

M1. root 6   *TOKYO-FM「RADIO DRAGON」11月エンディングテーマ

M2. nina    *TVKテレビ「音楽缶♯」11月オープニングエンディングテーマ

M3. H.G.L

M4. tougenkyou

M5. withdrawaltz

M6. 波紋

M7. 蓮華

M8. prayer

キャッチーでエモーショナルなメロディと哀愁の歌声、そしてセンスの塊のようなバンドアンサンブルと全曲ヒットチューンとも言うべき名曲揃い!千葉県柏発3ピースバンド、odd(オド)が1st Full Album「qualia」から約11ヶ月振りに2作目の音源となるミニアルバムを早くもリリースする。最早メロコアを飛び越え、新世代ロックシーンの中で最重要バンドと呼ぶべき音楽性を如何なく発揮した傑作。ブラックミュージックのグルーブ感とロックの高揚感と普遍的なメロディと心に残る歌声、oddの魅力大爆発の8曲!

 

昨年12月の初音源リリース、そして全国45箇所に及ぶレコ発ツアーを成功させたodd(オド)は超満員を記録した5/5の新代田FEVERでのツアーファイナル後、早くもレコーディングに突入し、ハイスパートで新しい音源を完成させた。メロコア色は良い意味で影を潜め、日本語詞5曲、英語詞3曲と日本語詞が飛躍的に増えている。そして8ビートの楽曲を中心に、ワルツ有り、バラード有り、とにかく多彩すぎる音楽性を惜しみなく披露している。M-1「route6」の泣きのメロディと8ビートの疾走感、M-2「nina」のグルーヴィーかつ、畳み掛けるようなテンポとテンションコードのカッティングがクールかつスタイリッシュ、そしてメロディと歌の抜けの良さが抜群すぎる名曲。正に21世紀の渋谷系的楽曲。哀愁のメロディ炸裂のM-4「togennkyou」は得意のボサノバ風ブレイクを絡める等、ラウドミュージック meets カフェミュージックというodd節炸裂しまくり!変態的ギターリフも効果的すぎる。M-5「withdrawaltz」はヴァイオリンを全面にフィーチャーした懲りまくりのワルツナンバー。M-6「波紋」は日本人の琴線に触れまくりの叙情性溢れるバラードだがボサノバテイストが隠し味で効いているのがoddならでは!M-8「蓮華」の歌詞は日本人の「わび・さび」の感覚を見事に表現した松尾芭蕉も真っ青の詞の世界観が凄い。ラスト「prayer」のひたすら抜けの良い8ビートサウンドまで全8曲、正に「センスが良すぎる曲とサウンドに、哀愁のソウルフルな声がかみ合うとトコトン気持ち良い音楽になる」という音楽の力学の結晶のような作品であります。LAST ALLIANCE等の哀愁系ロック、及びthe band apart等のグルーヴィーかつスタイリッシュなバンド好きなら間違い無くマストアイテム!ジャケットは前作に続き、KALDI COFFEE FARMのキービジュアルを担当する井上リエによるイラスト。

odd 1st Full Album

「qualia(クォリア)」

  RCSP-0027/¥2.310(tax in) <2011.12.21>

 

1. 24/7

2. torch

3. doom *テレビ朝日系列「ワールドプロレスリング」10-12月度エンディングテーマ

4. warning to me

5. saudade

6. monday

7. link

8. carnival

9. hesitation

10. raindrops are falling on my head

11. my way

12. once upon a time in may

これが最新型のメロディック / エモ / ラウドROCK!正に彗星のように現れた衝撃的なニューカマーの登場!千葉県柏を中心に勢力的に活動をする3ピースバンド、その名もodd(オド)。LAST ALLIANCEやWRONG SCALE好きはマストで聴くべし!パンク / メロコアを基調としながらも変幻自在な音楽性を1曲の中に封じ込める抜群のスキルとセンス!ソウル、ボサノバ風隠し味もパンクチューンの中に取り入れ、なおかつエモくて、4つ打ちビートのスリリングさも随所に取り入れるというトンデモない高度な音楽性はズルい程ヤバし。そして日本人離れしたソウルフルな歌声はあの桑田佳祐すらも彷彿とさせます!泣けるGOODメロディと楽曲のクオリティの高さは本物の凄味が既に感じられます!2012年を揺るがす超大型新人バンド衝撃の1st ALBUM。1stにして既にロック・クラシックというべき衝撃の名盤!matsumura(LAST ALLIANCE)もゲストコーラスで参加!

 

odd(オド)

MEMBER : ryo(Vo,B)/tetsu(Dr,cho)/masahiro(G,cho)

 

2008年より地元千葉県、柏市を中心にライヴ活動開始。SNAIL RAMP、LAST ALLIANCE、HOT SQUALL等との共演も果たしつつ、2010年にギタリストとしてmasahiroが加入し、現在のメンバーとなる。同年TIGHT RECORDSのコンピ盤「KNOW FUTURE」に参加。2011年2月、自主制作MINI ALBUM「Colorful Seed」をリリース。1部マニアの間では話題となり、この度、初の全国流通単独音源となる作品を何といきなりフル・アルバムの形式でリリースする。全12曲、基本英語詞であるが、3曲日本語詞の楽曲も収録。英詞、日本語詞問わず、とにかく楽曲のクオリティは衝撃的な高さを誇っております。あらゆるジャンルを取り込んだアルバムのトータルな完成度は今後末恐ろしい可能性を感じさせます。疾走感と泣きのメロディ、変幻自在のギターワークと多彩なリズムパターンは進化するメロディックパンクの未来型として今後数々のフォロワーを生み出すことは間違い無し!既に全国各地で勢力的にライヴも行い、正に満を持しての初音源のリリースとなります。パンクロックの新たなる歴史が確実に彼らの手によってスタートするはずだ。

Copyright©2004-2017 sputniklab Inc.,JAPAN-All Right Reserved.